NEWS & BLOG

お知らせ

BLOG

【ダイエット中に気をつけたいコーヒーのデメリット!?】

2022.04.11

こんにちは!

 

 

 

BEYOND(ビヨンド)ジム 自由が丘店 パーソナルトレーナーのDaizoです!

 

 

 

最近ものすごく暑くなって来ましたね〜(^_^;)
出勤する前に既に大汗をかいております(ノД`)

 

 

 

 

少し前に、BEYOND(ビヨンド)ジム 自由が丘店 近くのカフェを紹介させて頂き、コーヒーダイエットにおけるメリットを紹介させて頂きました!

 

 

 

しかし、そんなコーヒーデメリットがあるのはご存知でしたか!?

 

 

 

今回はそんなコーヒーデメリットについて紹介して行きます!

 

 

 

興味のある方は是非最後まで読んで頂けると嬉しいです^_^

 

 

 

コーヒーのメリット

 

 

 

コーヒーメリットについて改めてご紹介致します!

 

 

 

カフェイン

 

 

 

コーヒーに含まれるカフェインには中枢神経を刺激する事による覚醒作用があり、血流を上げ運動機能の向上などが見込めます!

 

 

 

さらには脂肪を分解してくれる事による、脂肪の消費を促す効果があると言われています!

 

 

 

カロリー

 

 

 

基本的には無糖ブラックコーヒーにはカロリーはほぼ無く、あったとしてもカウントされないほどの微量の場合も多いです!

 

 

 

ブラックコーヒーを飲んでいる分にはカロリーの心配をする必要は無いですね!

 

 

 

コーヒーのデメリット

 

 

 

さて、ここからはコーヒーダイエットにおけるデメリットについてお話しさせて頂きます。

 

 

 

カフェイン

 

 

 

カフェインにはメリットが多いと共にデメリットも多くありますので、気をつけなければなりません!

 

 

 

不眠症

 

 

 

カフェイン中枢神経への覚醒作用により夜眠れなくなる事もあります。

 

 

 

寝れなくなるとオレキシンと言う物質が分泌されて、過食に繋がる可能性があります。

 

 

 

利尿作用

 

 

 

カフェインには利尿作用があります。コーヒーを飲んで、トイレに直ぐに行きたくなる事は多いのではないでしょうか?

 

 

 

利尿作用により脱水症状を起こしやすく、体内の水が不足すると、体の代謝を落としてしまう可能性があります。

 

 

 

代謝が落ちてしまうと、脂肪を落としづらくなったり、必要な栄養素を吸収しづらくなったりしてしまいます。

 

 

 

胃酸分泌

 

 

 

カフェインには胃酸の分泌を促す効果もあります。

 

  

 

胃酸が分泌されると消化が促されるのですが、人によっては胃痛に繋がってしまう事もあります。

 

 

 

改善方法

 

 

 

ここまで、デメリットについて紹介致しましたが、ここからはそれらを防ぐ為の改善方法についてお話し致します!

 

 

 

許容量

 

 

 

しっかりと1日のコーヒー摂取の許容量を守りましょう!コーヒーカップ3〜4杯くらいが目安に摂取して行きましょう!

 

 

 

寝る前に飲まない!

 

 

 

コーヒーの睡眠を妨げるデメリットを避ける為に、遅くても寝る4時間前までにコーヒーを飲むようにしましょう!

 

 

 

水と一緒に!

 

 

 

コーヒーを飲むときは水も一緒に飲みましょう!水を一緒に摂る事によって、脱水症状を避けることができます! 

 

 

 

 

まとめ

 

 

 

コーヒーには体に対するメリットが沢山あります!正しい飲み方をしたらダイエットを助けてくれることでしょう!

 

 

 

しかし、間違った飲み方をすれば、逆にあなたのダイエットを妨げる物になってしまうかも知れません。

 

 

 

BEYOND(ビヨンド)ジム 自由が丘店ではパーソナルトレーナーがそう言ったカフェインの量などの栄養管理もしっかりとさせて頂き、皆様のダイエットを全力で助けさせて頂いております!

 

 

 

是非、ご自身のパーソナルトレーナーにアドバイスを貰って下さい! 

 

 

 

皆様のご来店心よりお待ちしております。 

 

 

 

 

お問い合わせはこちらから!

・LINE@ @447nygrm

https://line.me/R/ti/p/%40447nygrm

BEYOND(ビヨンド)ジム自由が丘店

〒152-0035 

東京都目黒区自由が丘2丁目1420 不二ビル1F