【トレーニングにおける姿勢の重要性】尾山台駅から8分で通えるパーソナルジム | 自由が丘のパーソナルジム|【公式】BEYOND自由が丘店

NEWS & BLOG

お知らせ

BLOG

【トレーニングにおける姿勢の重要性】尾山台駅から8分で通えるパーソナルジム

2022.10.05

こんにちは!

BEYOND自由が丘店 店長の八木です!☺️

 

 

 

 

前回の「24時間ジムでのトレーニング」の続きになります!

 

 

 

 

 

【アライメント(姿勢)の重要性〜骨盤編〜】

 

 

 

 

本日は、姿勢が同じトレーニングにおいてどのように左右し、どれほど大切なのかをお伝えしていきます!!

 

 

 

 

1.スクワットにおける骨盤の状態

2.ラットプルダウン(背中)における骨盤の状態

 

 

 

 

 

1.スクワットにおける骨盤の状態 

 

 

 

・姿勢改善をしたい方

 

 

 

姿勢改善をしたい皆様! 

 

 

反り腰、骨盤の後傾を治したい方は、ぜひチェック!!

 

 

反り腰において、強く作用してしまっている筋肉は、【大腿四頭筋】(もも前)の筋肉になります!

 

 

反り腰を改善したい場合、結論からお伝えすると、ハムストリングス(もも裏)、ヒップの運動をし、脚の裏側の神経伝達出力を上げていく必要性があります!

 

 

 

普段階段を登る時、もも前が張りますし疲れやすいですよね。🥺

 

 

 

こんな反応がある方は要注意です!⚠️

 

 

 

どんどん反り腰になってしまう恐れがあるため、スクワットのフォームを改善する必要性があります!

 

 

 

フォームは難しいですが、一般的なスクワットより、『ブルガリアンスクワット』がおすすめです!!🔥🍑

 

 

 

ブルガリアンスクワットは、基本的に脚の裏側をメインに使う運動になります!!

 

 

 

こちらがそのブルガリアンスクワットの動画になります!

 

 

https://www.instagram.com/reel/CSyTIllh3va/?utm_source=ig_web_copy_link

 

 

ぜひチェック🔥

 

 

 

 

 

・足を細くしたい方

 

 

 

 

普段、スクワットをしますか?

 

 

 

「スクワットをすると脚が太くなってしまう…」

「けど、内腿は気になる…」

 

 

 

これに当てはまる方は、スクワットをするときに骨盤が後傾(背中が丸まっている)状態にあるかもしれません🤔

  

 

 

背中がまるまると基本的には、前ももの利用率があがり、脚が太くなってしまう可能性があります。

 

 

 

この方も同じく背中をまっすぐにしてスクワットをするか、ブルガリアンスクワットを試してみてください☺️🙇‍♂️

 

 

 

インナーマッスルの腸腰筋が硬い可能性があります。

 

 

 

当店で、柔道整復師の資格を持ったトレーナーが在籍しているので、ぜひ当店で改善しましょう!!🔥

 

 

 

 

 

・脚を太くしたい方  

 

 

 

 

 

脚を全体的にバランス良く運動していきましょう!!😎

 

 

 

特に下半身で一番体積が大きいのは大腿四頭筋(もも前)になります!

 

 

 

ヒップやハムストリングスをしっかり運動しながらも、もも前のトレーニングに意識を強くおき、スクワットに加え、エクステンションなどを扱える重量で調整してみましょう!

 

 

 

全体的に運動する中で、スクワットにおいては、骨盤をまっすぐ保ち脚全体を使うスクワットを行いましょう!

 

 

 

いかがでしたでしょうか!

 

 

 

次回は、肩甲骨編、お楽しみに😎

 

 

 

10月中は期間限定で無料体験を行なっておりますので、気になる方はぜひお気軽にご連絡ください☺️🙇‍♂️ 

 

 

 

 

皆様のお問い合わせをこころよりお待ちしております!(^^)

 

 

 

問い合わせはこちらから!

・LINE@ @447nygrm

https://line.me/R/ti/p/%40447nygrm

・ホットペッパーリンク

http://b.hpr.jp/kr/sd/H000497044/

BEYOND自由が丘店

〒152-0035 

東京都目黒区自由が丘2丁目14−20 不二ビル1F